2010年10月31日

うん、それはちとやりすぎだったかな

んーー
尖閣問題に口挟むな=中国外相がクリントン長官をけん制―米は3国会合を提案
口は挟んでくれていいと思うよ
尖閣は安保の範囲内だ
ってね
だけど
具体的に3国会合ってとこまでしゃしゃり出て来られると
どんどんこじれる可能性があるからなぁ
それはちとマズイかも
クリントンは独自にやってるんだろーか
それとも本国との調和は取れているのだろーか
そこが少し疑問に思えてきた
どうも本国との調和はあまりとれていない気がしてきた
でなきゃこんなことは言わないだろーに
それにしても
それにたいする中国の反応もすごいね
尖閣問題に口挟むな
だからなぁ
実質はそうなんだが
そうはっきりと表明されるとな
だって
日本としては問題なんて無いってのが事実ですから
問題も何もあそこは昔も今も日本の・・・・
というのが基本ですからね

posted by 神無 at 13:36| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

世迷い言はもうこれくらいに

またぁ太っ腹だなぁ
環境対策費を新設へ=思いやり予算、米に配慮―政府
どんどん上げちゃうなんでも上げちゃう
去年のあのしくじりの痕を拭うために際限なく譲歩するんでしょうねぇ
温泉の様に湧き出るお金
そんなとこでしょうかね
でもいつまで続くんでしょうかね
もうそんなにお金のある国じゃないんですけどね
いわゆる
金の切れ目は縁の切れ目
あの名言はどうなんでしょうね
そういう憂き目に遭うことがあるんでしょうかねこの国は
金に群がる人たちはみんなあちらの国に行ってる気がするんですよね
それかアメリカのほうね
みんなそっちに行っちゃって
誰も相手にしてくれない国になっちゃうんですかね
それも寂しいですがな


posted by 神無 at 15:25| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。