2010年10月31日

うん、それはちとやりすぎだったかな

んーー
尖閣問題に口挟むな=中国外相がクリントン長官をけん制―米は3国会合を提案
口は挟んでくれていいと思うよ
尖閣は安保の範囲内だ
ってね
だけど
具体的に3国会合ってとこまでしゃしゃり出て来られると
どんどんこじれる可能性があるからなぁ
それはちとマズイかも
クリントンは独自にやってるんだろーか
それとも本国との調和は取れているのだろーか
そこが少し疑問に思えてきた
どうも本国との調和はあまりとれていない気がしてきた
でなきゃこんなことは言わないだろーに
それにしても
それにたいする中国の反応もすごいね
尖閣問題に口挟むな
だからなぁ
実質はそうなんだが
そうはっきりと表明されるとな
だって
日本としては問題なんて無いってのが事実ですから
問題も何もあそこは昔も今も日本の・・・・
というのが基本ですからね

posted by 神無 at 13:36| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。